1. TOP
  2. VOICE
  3. 中庭とつながる住まい

中庭とつながる住まい

ダウンリビング×吹き抜けで開放感抜群

新潟市秋葉区W邸
欲しかったダウンリビングには、置きたいソファも決まっていたW夫妻。
見えていた要望に、暮らしやすい配置や動線を組み合わせたW邸には、デザインと使いやすさ、ナチュラルとカッコよさのバランスが光る。
全建:渡辺 裕之(以下、渡) 全建の存在はどこでお知りになったんですか?
施主:Wさん・夫(以下、夫) 家を建てようと、いろいろなところを見ていた時に、実家の近くで見学会をやっていて。二人で行ったのがきっかけでした。
施主:Wさん・妻(以下、妻) 名前は知っていたんです。でも、どんな家をつくるのかは知らなくて。
夫 無垢の木を生かしていていいな、というのが第一印象でした。
妻 木を使いながらモダンでカッコいいと思いました。
夫 実は、最後まで悩んだんです。もう一社、プランを書いてもらっているところがあって。
渡 そんな中でうちに決めていただいたのはどうしてですか?
夫 細かい要望を拾ってくれたプランニングはもちろんですが、土地のことでちょっと相談したら、公太さんが親身になってくれて。
妻 信頼できる、って思いました。
夫 家づくりは「人」だなと思って。決めました。
渡 要望としては吹き抜け、ダウンリビング、畳のスペース、そしてテラスでしたね。
夫 ダウンリビングは、いろいろ見学会に行く中で見て、いいな、欲しいなと。
妻 プランニングが進む中で、2階に物干しを兼ねたホール、ウォークインクローゼット、書斎、寝室、子ども部屋を絶妙に配置していただきました。これがすごく良くて。
渡 クローゼットをウォークスルーにすることで、洗濯物を取り込んだら、畳んで仕舞うまでを一直線で完結するように提案させていただきました。
妻 ホールが吹き抜けになっているので、よく乾くのも想像像以上でした。
夫 希望した書斎をホールの一角に置いてもらいましたが、一段下がっているので籠る感じを楽しみながらも、妻と話もできる。ちょうどいい距離感です。
妻 1階も動線が良くて、ひと回りすれば掃除が完結。掃除や家事がほんと、苦にならなくなりました。プランを見た時、こちらの要望がすべて入っていると思いましたが、それをうまくつなげてくださっていたことに、今更ながら感動しています。
渡 「つながり」ということでは、動線だけでなく、空間のつなぎ方にも工夫があります。玄関を入ると、LDKにつながるドアがありますが、ガラスで囲んで向こう側を見えるようにしたり、ダウンリビングは中庭と掃き出し窓でつなげることで外を近くに感じられるようにしたり。
夫 リビングは一段下げて、しかも吹き抜けなので開放感は抜群。
渡 引っ越し前から「このソファを置きたい」とおっしゃっていたので、その高さを踏まえて、ダイニングの床の高さを決めました。
妻 和室とダイニングキッチンは床の高さが同じなので、ここも使いやすいです。和室は小さくてもいいと言いつつ、途中で「もう少し広くしたい」とお願いして広げてもらいましたが、ほんとよかった。
渡 和室はシナベニヤで建具を製作しましたが、ここもこだわりポイントです。収まり良く仕上げるために、何回も現場でやりとりしました。
夫 閉めると四角い箱みたいになって、カッコいい。普段は開けて、ベンチみたいに使っていますが、閉めれば独立するのもいいですね。
妻 私は、玄関ホールに洗面台をつくってもらったんですが、すごく気に入っています。小さなところですが、パースを何回も描いてもらって。
渡 洗面ボウルの横に板を渡して、ちょっと物が置けるように考えたところですね。板の下にはタオル掛けも付けて。
妻 全建さんの提案は、見せるところと隠すところのバランスが良くて、キッチンでは飾り棚をつくってもらったんですが、下は引き出しやカゴを使って仕舞う収納に。
夫 私は吹き抜けの天井が気に入っています。一部凹ませてもらったんですが、これも渡辺さんの提案。
渡 お二人はこちらの提案を快く受け入れてくださったので、いろいろ提案しやすかったですね。だからこそ、一つひとつ細かいところまで一緒に考えていけた。使いやすさやデザイン、すべてにおいてバランスのいい家になったと思います。
夫 ほんと、ナチュラル感とかっこよさのバランス、絶妙です。
PAGE TOP