1. TOP
  2. VOICE
  3. 家族の「遊び」が詰まった住まい

家族の「遊び」が詰まった住まい

理想の空間を無理なくつないで

新潟市秋葉区 Y様
庭、インナーガレージ、広く明るいリビング、趣味室。
家族それぞれの理想を、動線よくつないだY邸。
奥さま曰く「壮大な夢」は、ディテールまで細かく詰めることで実現された。
施主:Yさん・夫(以下、夫) 大学の先輩が家を建てたんです。写真を見て「いいな」と思っていたら、先輩が「いいよ、全建」と。そこで名前を知って、連絡を取りました。
全建:渡辺 裕之(以下、渡) 家を建てたい、土地から探している、というお話でしたね。
夫:土地はまだ決まっていなかったので、まずは、全建が建てた家を見せてもらいました。
施主:Yさん・妻(以下、妻) 私には壮大な理想像があったんです。大きな家で、インナーガレージがあって‥。それで全建さんの家を見せてもらった時、「これだ」とすっと入ってきました。
夫 無垢の木を使ったあたたかな雰囲気、それにアウトドアの開放感もあって。
妻 決めた、と思ったのは、その後、仮の土地でプランをつくってもらった時です。
夫 数社にプランをお願いしましたが、全建のプランは動線も良くて、きっとここならうまくやってくれる、と思えました。
渡 その時、要望されたのは、広くて明るいリビング、インナーガレージ、和室。
夫 土地が決まって、改めてプランを作成いただきました。建物の形こそ変わりましたが、動線などのベースは変わらず、少し調整してもらった感じです。
渡 ご主人の趣味室は、途中から加えられた、と聞いていますが。
夫 公太さんからの提案でした。スノーボードが趣味だと話したら、「趣味室があると、道具も置けるし、一人になりたい時、いいですよ」と。
渡辺 玄関ホールの脇にあって、インナーガレージから直接行けますしね。
夫 アクセスもいいし、家との距離感もいい。大正解でした。
渡 プランが確定してから、細かいところを詰めさせていただきましたが、お二人が開放感や明るさを求めていらっしゃることが伝わってきたので、内装については、白をベースに明るい色調を提案させていただきました。
夫 夫婦それぞれにインスタグラムを見て、気に入った画像を見せ合いながら、意見が重なったものは、渡辺さんに送って「こんな感じにしたい」と伝えたり。
渡 白を基調にしたLDKの中で、キッチンはグレーを使ってダークに、壁は水色がかったグレーに、というのも、そんなやりとりの中で生まれました。
夫 趣味室の天井や壁もそうでした。提案いただいた床も気に入っています。
渡 モルタルなんですが、炭を混ぜて黒っぽく仕上げました。玄関の床と趣味室の床をつなげて。
夫 色もサンプルを出してもらい、細かく調整してもらいました。好きなものに囲まれるのは、こんなに気分がいいんだ、と思っています。
渡 引っ越されて半年。実際に暮らしてみていかがですか?
妻 家事動線が良くて、すごく使いやすいです。キッチンの裏にパントリーがあって、ダイニングからは扉一枚でランドリースペースに行けて。台所仕事をしながら洗濯物を干したりと、同時に進められて、すごく助かっています。
夫 子どもが庭や広いリビングで走り回っているのを見ると、ああ、建ててよかったなと、思いますね。
PAGE TOP