1. TOP
  2. VOICE
  3. 暮らしが映える住まい

暮らしが映える住まい

何でも話しながら進めた、理想の家づくり

新発田市 M様
初めて会った時、雑談をしながら「こんな風に家がつくっていけるといい」と
ZEN DESIGN WORKSに決めたM夫妻。フラットな関係、フラットなコミュニケーションが、
自然で、ちょうどいい住まいをつくりあげた。
全建:渡辺公太(以下、渡) お会いしたのは、住まいNETラウンジがきっかけでしたよね?
施主:Mさん・夫(以下、夫) ラウンジのあるS.H.Sにはよく買い物に行っていたんです。それで、ちょうど家を建てようという頃に、ラウンジができて。
施主:Mさん・妻(以下、妻) 何から進めていいかもわからなかったので、とにかく相談してみようと行ったんです。
夫 希望を伝えたら、何社か紹介してくれたんですが、ピンとこなくて。そうしたら、アドバイザーの方が「全建が合うと思いますよ」と。それで、専務に会ってみたら、その通りで。
妻 初対面の帰り道で、どちらからともなく「全建さんにお願いしよう」と。
渡 ありがとうございます。初回は特に、雑談というか、大したこと、話してなかったと思うんですが、、、。
夫 それがよかったんです。こうやって話しながら家をつくっていけるんだと思えて。ぐいぐいこられなかったところも良かったんです(笑)
妻 「何でもできます。その通りにやります」っていう会社が多いんですが、そもそも、自分たちがどうしたいのか、分からなくて。
夫 専務は話しながら、こちらを引き出してくれる感じがしたんです。
渡 どんな家にしたいかの前に、どんなものが好きかを伝えていただければ十分。そう思っています。

渡 要望としては広いリビングと、あと奥さまがダイニングに丸いテーブルを置きたいとおっしゃっていましたね。
夫 初めのうちは「こうしたい」があまりなかったんです。今では部屋の中心みたいな薪ストーブも、プランがかなり進んでから「入れようか」となったり。
渡 広いリビングだったので、余裕はありましたし、入れることで、空間に重心みたいなところができて、締まった。全体的には、いつものうちのテイストよりもシンプルで控えめ。それがお二人とのやりとりで自然と生まれたという感じでしたね。
妻 専務にお任せ、という部分も多かったんですが、いい方向に導いてくださった。
渡 S.H.S.によく行っていると聞いて、家具やインテリアがお好きなんだろうと思い、背景になるような空間を、と意識しました。任せていただく部分と、要望のバランスがよかったんでしょうね。お二人とは、フラットにコミュニケーションできた。一番、うまくいくパターンです。
妻 細かいことでは、ドアノブ一つも相談させてもらって。初めは「決めていただいていい」なんて思ったんですが、少しでも家づくりに関わったことが、今ではとてもよかったと思います。
夫 私としては、薪ストーブを入れたことがすごくよかった。手間はかかるけど楽しいんです。こういう性能のいい家だと火がつきにくいんですが、今日はこんな天気だからとか、少し空気を家に入れてみようかとか、いろいろ考えつつ、付き合っていくのがいい。
渡 居ながらにして焚き火ができるんですからね。ほんと、うらやましいです。
夫 春になったら、庭でBBQしたいと思っています。畑もやってみたいし、子どもたちとも遊びたい。
渡 デッキの内側には土間を設けましたが、外履きを置いたりして、内も外も、がんがん使って楽しんでください。
PAGE TOP