1. TOP
  2. VOICE
  3. 開放感と暖かさを両立

開放感と暖かさを両立

広がりのある室内は、隅々までいつも快適

新潟市北区T邸
「とにかく暖かい家が欲しい」と始まった家づくり。
断熱性能を前提に、好みのデザインやコンパクトな家事動線を組み合わせ、T夫妻曰く「想像以上」という家族の居場所ができあがった。
全建:渡辺 裕之(以下、渡) きっかけは、住まいNET新潟ラウンジでしたね。
施主:Tさん・夫(以下、夫) ラウンジに行く前に、住宅展示場とか展示会とか、大手を中心に見ていたんです。
施主:Wさん・妻(以下、妻) 求めていたのはとにかく暖かい家。それまで住んでいた家が寒くて、断熱性能は譲れないと思っていました。
夫 プランを描くところまで進んだ会社もあったんですが、どうもしっくりこなくて。いったんゼロに戻して第三者の意見を聞いてみようと、ラウンジに行きました。アドバイザーの方と話しているうちに、自分たちが何を大切にしたいのかが整理されてきたんです。
妻 性能を前提にした上で、好みのデザインに仕立てたいと。それで、地元のビルダーをいくつか紹介いただいたんですが、まず行ったのが全建さんでした。
夫 対応してくださったのが渡辺公太社長。初対面でビビッと来ました。
妻 もう別のところには行かなくていい、とまで思ったんです。
渡 これも縁ですが、ご友人の家も、弊社で建てさせていただいて。
夫 それが分かって、早速、見せてもらいました。すごくカッコよくて。これまで見てきた中で、ずば抜けていました。
妻 「このまま欲しい」と思ったくらい。特にいいと思ったのは、広がりのあるリビングや無垢の木のあしらい。それで、プランをお願いしました。
渡 「開放感のある家」というテーマも、その時に決まったと記憶しています。それで、こちらからは、勾配天井のリビングやデッキを提案させてもらいました。
夫 打ち合わせのたびに新しい提案をいただけたんですが、それが一つ一つビシッと決まって。毎回、感動でした。
渡 奥さまからは「家に戻ったら、すぐに手を洗えるように」ということで、玄関のそばに洗面台、さらに家事動線のいい間取りを要望いただきました。
妻 以前の家では1階に洗濯機、2階に干すところがあったので、洗濯のたびに階段を上り下りしなければならなくて。今は、1階で完結できるだけでなく、コンパクトにまとめてもらったので、すごく楽になりました。
渡 キッチンのそばに水回りをまとめるという案もありましたが、洗面台をきっかけに、玄関のそばに配置することになりました。
妻 行き止まりがなく、ぐるぐる回れるので、みんな、帰ったら手を洗って、着替えてリビングへ。逆に出かける時は、着替えてそのまま玄関へと、移動しながら片付けや身支度ができる。大正解でした。
夫 ドアをオリジナルでつくってもらったり、玄関ホールのタイルとかキッチンのガラスとか、細かいところもいろいろ提案いただいて。
妻 キッチンも使いやすい高さにつくってもらって、ほんと、隅々まで丁寧に考えていただきました。
渡 引っ越してひと冬、過ごされましたが、当初からこだわっていた暖かさはどうでしたか?
夫 想像以上でしたね。本当を言うと、実際に暮らし始めるまでは、ちょっと不安だったんです。天井は高いし、少し吹き抜けもある。さらに玄関から階段、そして2階へオープンにつながっている。でも、すごく暖かくて快適でした。
渡 リビングの窓はトリプルサッシ、あと屋根だけでなく壁にもセルロースファイバーというリサイクル紙を使った断熱材を採用して、弊社の標準仕様よりも断熱性能を高めました。
妻 性能もデザインも、どちらもあきらめることなく叶えられたのが本当にうれしくて。
夫 はじめて「ここが自分の家だ」と実感できています。家に帰るのが楽しみで仕方ないです。
渡 今日もですが、ご家族5人がワイワイ、いつも仲良く、楽しそうで。家族の居場所をつくるお手伝いができて、私もうれしいです。
PAGE TOP